ご挨拶

ご挨拶

病院長ごあいさつ

病院長  堤 康彦

病院長  堤 康彦

けやきの森病院は、その前身である皆川医院から数えると、今年で100年を迎える老舗医療機関です。その間、この湘南の地で皆川記念病院、けやきの森病院と名称を変えて今日に至りますが、その内容も、時代や地域のニーズに合わせて常に変化して来ました。 現代人をとりまく環境は、劣悪な経済状況、過剰な情報化、老齢化、過剰な欧米的合理主義、能力主義などによりかつて誰も経験したことのない、ストレス社会であり、健やかな精神を保つことがとても困難な時代であると感じております。 けやきの森病院では、従来から手がけて来た、統合失調症や躁うつ病などの精神疾患に留まらず、ストレス社会が生んだ、うつ病や適応障害、不安関連疾患そして老年性精神疾患に至るまで対応出来るように、スタッフ一同不断の努力を続けております。 当院は、皆様の心の健康回復に必ず役に立てると確信しております。湘南の風と共に皆様をお迎えしたいと思っております。

プロフィール

1956年、東京生まれ、青年期までを東京、千代田区麹町で過ごす。1982年東海大学医学部卒。これまでに、東海大学付属病院、神奈川県立精神医療センターなど、精神医療の最前線で臨床経験を積み、2006年4月より、医療法人社団朋友会けやきの森病院 病院長に就任。 専門は臨床精神薬理、行動療法等

所属学会

日本精神神経学会認定専門医
日本精神神経学会認定指導医
日本精神科病院協会認定指導医
東海大学医学部非常勤教授