看護部

看護部集合写真

理念と方針

けやきの森看護部では「基本的人権と個人の人格に配慮し、やさしさと思いやり、専門的知識・技術をもって良質な精神科看護を提供する」ことを理念としています。
患者様ひとりひとりの個を大切に一日でも早い社会復帰への援助を行えるよう、看護師ひとりひとりがその知識を提供し、患者様、そのご家族様に信頼を頂けるよう日々努力をしています。

看護部の方針

  • 療養環境の安全の確保に努める
  • 人権尊重と個人の人格に配慮した看護を行う
  • 患者の社会復帰を目指し、日常生活の援助及び指導を行う
  • 患者の入院生活を円滑にし、自力を助ける
  • 患者中心の看護・医療を行うため、各部署との連絡調整を図る
  • 精神疾患患者にとって、最も身近な存在である家族の果たす治療的役割の重要性の理解と協力を得るために努力する
  • 看護職員の資質の向上と業務内容の充実をはかる
  • 能力的、経済的な業務をすすめていく

看護部概要

看護部委員会

看護部委員会の概要や活動内容・報告について詳しくは看護部委員会のご紹介ページをご覧ください。

看護部委員会のご紹介

看護職員

122名(看護師65名 准看護師12名 看護助手45名) 平成29年4月1日現在

看護体制

精神科急性期治療病棟1 資格者13対1 看護助手30対1
精神療養病棟 資格者30対1 看護助手30対1

勤務体制

3交代・変則2交代制

看護方式

チームナーシング

記録方式

POS

各病棟からのお知らせ

各病棟・外来部門のご紹介

精神科療養病棟(C2、C3、E病棟)

精神科療養病棟では、安全・安楽な入院生活の提供とリカバリーへ向けてのサポートをしています。

C4病棟(急性期治療病棟)

急性期治療病棟では、急性期症状からの回復を最優先に概ね3ヶ月以内に社会復帰できることを目指しています。

外来

けやきの木々に囲まれ、白を基調とした清潔感ある外来です。お一人で悩まず、お気軽にお越しください。

  • 外来1
  • 外来2