うつ病の復職支援プログラム

うつ病の復職支援プログラム

当院は神奈川県高座郡寒川町にありますが、近辺の茅ヶ崎市・平塚市・海老名市・綾瀬市・藤沢市・厚木市、相模原市、伊勢原市、秦野市といった湘南・県央エリアに加え、小田原市や横浜市からもリワーク希望者の受け入れをしています。

復職支援プログラム(リワーク・プログラム)とは

うつ病等により休職を余儀なくされ職場へ復帰しようとする時に、症状が改善しただけでは復帰が難しかったり、復職してもすぐに再休職する場合も少なくありません。 復職のためには生活リズムを整え、体力や集中力を徐々に回復させていく必要があります。また、休職に至るプロセスの中でコミュニケーションがうまくとれずストレスを過剰にためこんだり、自分の中でマイナス思考が強くなりすぎて体調を崩している場合も見受けられ、こうしたことへの対処能力を身につけることも大切です。 当院ではこのようなことを考慮したプログラムを提供し、うつ病の方の職場復帰および再休職防止を支援しています。

対象となる方

  • うつ病を中心としたうつ状態のため休職中であり離職していない方
    (統合失調症、認知症、アルコール依存症、薬物依存症、人格障害、双極性障害Ⅰ型、器質性精神障害、身体表現性障害、摂食障害、発達障害を除く)
  • 復職のための準備期間を設定できる方
  • 主治医の許可がある方

※他の医療機関に通院中の方もご利用できます。

目的

目的

規則正しい生活リズムを作る 規則正しい生活リズムを作る

復職に向けた体力・集中力・作業耐久性の回復 復職に向けた体力・集中力・作業耐久性の回復

病気の理解、症状への対処方法の習得 病気の理解、症状への対処方法の習得

ストレスをためにくくするための対人関係技能やコミュニケーション技能の習得 ストレスをためにくくするための対人関係技能やコミュニケーション技能の習得

自分についての理解を深める 自分についての理解を深める

同じ目標をもった仲間と活動することで復職への不安の低減を図る 同じ目標をもった仲間と活動することで復職への不安の低減を図る

スタッフ

医師、看護師、臨床心理士、作業療法士など専門スタッフが支援致します。

利用期間

利用計画や達成目標によって個々に異なりますが、目安は3ヵ月~8ヶ月間です。職場の受け入れ準備等の都合でリワーク修了日から復職日まで間ができてしまった場合、自宅待機を避けるために延長して利用することも可能です。

申し込み・受け入れ

2019年8月および9月に当院のリワーク施設の見学・説明を受けた方を除いて、しばらくの間新規の受け入れを中止しております。受け入れ可能となった場合、ホームぺージでお知らせ致します。

開所日時

週5日(最初週3日から段階を踏んで週5日に通所日数を増やしていきます)

時間 9:00~15:30

当院デイケア棟にて実施致します。
土日・祝祭日はお休みです。

費用

1回の費用は以下のとおりで、医療保険及び自立支援医療制度が利用できます。     

1日

登録1年未満 登録1年以上
自立支援医療制度あり 820円 770円
自立支援医療制度なし 2,470円 2,320円

半日

登録1年未満 登録1年以上
自立支援医療制度あり 420円 400円
自立支援医療制度なし 1,270円 1,210円

主なプログラムの内容

心理教育

病気について講義を受けます。病気に関する理解を深め、再発防止に必要なことを考えていきます。

集団認知行動療法(GCBT)

自分の考え方や状況の受け止め方のクセに気付き、より適切な考えや受けとめ方に切り替えていく方法を見つけていきます。

グループミーティング

復職に関する心配事等をグループで話し合います。他の人の話しを参考にしたり、自己理解を深めることを目的としています。

セルフケア

生活状況の振り返りをして生活リズムの改善や体調の回復に向けた具体的な行動を考えていきます。

グループ活動

与えられたテーマについてグループ内で意見の一致を図るような活動や軽い運動などを実施します。

アクションプラン

復職に向けて1か月ごとに立てた目標を達成するにはどのようなステップを踏むかを考え、実践した結果と課題を発表したり検討します。

エクササイズ

軽い運動やマインドフルネスというストレスを緩和するためのエクササイズを行います。

再休職防止プラン

再休職に至った要因を自分の考え方やマイナス思考を中心に分析し、復職後再度休職しないためのプランを立案します。

個別活動

個々に自分で決めた課題に取り組みます。

個人面談

定期的にスタッフによる面談を実施し、参加者個々のサポートをします。

ご利用までの流れ

外来通院先が他施設(クリニックなど)の方と当院の方とでは流れが異なります。

外来通院先が「けやきの森病院ではない(クリニック等)」方

通院先は変えずにリワークの利用が可能です。

  • ①まず利用希望者本人が当院デイケアまでお電話でお問い合わせ下さい
  • ②リワーク施設見学・内容説明・ヒアリング(お電話での事前予約が必要です)
     プライバシーに配慮する都合上、実際にリワークを実施している場面は見学できませんのでご了承下さい。
  • ③申し込み(主治医の紹介状が必要です)
  • ④当院の外来を受診(当院医師の診察を一度受けていただきます)
  • ⑤入所判定会議(判定結果によっては利用できない場合がございます)
     入所不可の場合、当院から直接ご本人様に通知するのではなく、通院先主治医にまずお伝えし、通院先主治医より
     ご本人様にお伝えするようになります。
  • ⑥判定会議で入所可となった場合、デイケアに登録・リワーク開始

  • 外来通院先が当院の方

    • ①主治医とリワーク利用について相談の上、主治医より当院デイケアへ連絡
    • ②リワーク施設見学・内容説明・ヒアリング(お電話での事前予約が必要です)
      プライバシーに配慮する都合上、実際にリワークを実施している場面は見学できませんのでご了承下さい。
    • ③申し込み
    • ④入所判定会議(判定結果によっては利用できない場合がございます)
    • ⑤判定会議で入所可となった場合、デイケアに登録・リワーク開始

    • 週間プログラム表

       
      午前 個別活動 認知行動療法(CBT) アクションプラン 認知行動療法(CBT) 再休職防止プラン
      エクササイズ
        昼食(1日参加の場合は実費負担なしで病院食が提供されます)
      午後 グループ活動 セルフケア グループワーク グループミーティング 再休職防止プラン
      個別活動
      心理教育

      2019年10月からしばらくの間、土曜日のプログラムを休止致します。

      通所段階

        通所曜日・時間帯 期間(目安)
      ステップ1 火PM 水AM, 木PM 1週
      ステップ2 火PM , , 木AM 1週
      ステップ3 , 水, 木AM 1週
      ステップ4 火, 水, 2週
      ステップ5 , 火, 水, 木 3週
      ステップ6 月, 火, 水, 木, 8週

      けやきの森病院リワークプログラムの特徴

      • ①週3日から段階的に出席日数を増やし、最終的には出勤と同じ週5日通所できることを目指します。
      • ②休職者のみでメンバーを構成しており、カリキュラム内容が復職に特化しています。
      • ③入所が決まった方から随時入所できます。
      • ④職場の復職面談の日程調整など、受け入れ準備の都合でリワーク修了日から復職日まで間があいてしまった場合でも、復職日の直前まで延長して利用ができます(自宅待機の期間が生じることによって生活リズム等が崩れてしまうのを防ぐためです)。
      • ⑤受身になりがちな講義の部分を少なくし、参加者が主体的に取り組む演習形式を多用して知識等の定着を図っています。
      • ⑥演習中心で実施できるよう受け入れ人数に上限を設けています。
      • ⑦うつ病の再発防止に有効といわれている認知行動療法のコマ数を多くしたり、休職要因の分析、再休職防止策の立案等をカリキュラムに組み込み、再休職防止に力を入れた内容になっています。

      その他

      通院に自信がない場合、入院からスタートすることもできますのでご相談下さい。

      復職支援プログラム(リワーク・プログラム) お電話お問い合わせ先

      医療法人社団朋友会けやきの森病院 デイケア
      月~土(祝祭日を除く) 9:00~17:00
      TEL:0467-74-53310467-74-5331